TSピックアップ取付情報 備忘録 日記

Taylor 714ceに取り付けてあるFishman Prefixの改造

2019/02/14

東京都のK様より、Fishman Prefixの改造依頼を承りました。2003年製のTaylor 714ceに取り付けてあるFishman Prefixです。アンダーサドルのピックアップとコンデンサーマイクをミックスして出力するようになっています。

今回はこのコンデンサーマイクの入力の部分を切り離し、TSピックアンプシステムのダブルピエゾを取り付けました。この改造は以前にも行ったことがあります。

ホセ・ラミレス Jose Ramirez「2CWE」ピックアップ改造依頼をいただきました

以前と同じようにゲインを合わせるためのプリアンプを付けましたが、今回はゲインが合わず回路定数をいくつか試しました。その結果入力抵抗と帰還抵抗の割合によってかなり音量や音質が変化することが分かりました。

覚書として試した抵抗値を書いておきます。

入力抵抗 帰還抵抗 考察
2.2k 10k 音が小さすぎる
1k 10k 低い発信音が出る
510 51k 音が大きい
25.5 51k 音が大きすぎる
0 51k 高い発信音
2.2k 51k やや小さいが許容範囲

ということで、今回はやはダブルピエゾからの音がやや小さめですが、音質的にも許容範囲だったので、2.2kと51kで行くことにしました。コンデンサーマイク部分を乗っ取るのでインピーダンスの問題でこの辺りが良いようです。

それでは一発録りのサンプルです。適当に弾いています。最初は既存のアンダーサドルのみ、中程はTSピックアップのダブルピエゾのみ、最後はバランスを中央付近にしたミックス音です。その他イコライザーやボリュームレベルはすべて中央にセットして録音しました。録音した後に気づいたのですが、ミックスした音はもう少しダブルピエゾ寄りに調整すれば良かったかもしれません。

 

アコギ用のピックアップはコンデンサーマイクよりも、こうしたピエゾ素子のほうが良いですね。

今回はご依頼ありがとうございました。

 

-TSピックアップ取付情報, 備忘録, 日記