アコギ用ピックアップ

28.空間系エフェクターの飛び道具Eventide SPACE

2014/01/25

ピックアップが完成に近づくと、こんどは音作りを積極的に行なうようになりました。今までのリバーブは現実空間をいかに再現するかに重きが置かれているのに対し、Eventide SPACEは現実には存在しないような音の空間を作り出すことが可能です。アコギで使われている方はまだ少ないようですが、素晴らしい可能性を秘めたエフェクターです。

概観

イケベのオンラインで購入し、次の日には到着しました。日本で発売される前から気になっていたリバーブでしたので、購入できることを知ってすぐに導入してみました。英語のマニュアルと共に日本語のガイドも付いていますので、簡単に機能を把握できます。 Eventide SPACE

販促用のTシャツとピックが付いてきました。

Eventide SPACEEventide SPACE

アルゴリズムの内容 Eventide SPACEのアルゴリズムは以下の12種類あります。 1.Hall 2.Room 3.Plate 4.Spring 5.DualVerb 6.Reverse 7.ModEchoVerb 8.Blackhole 9.MangledVerb 10.TremoloVerb 11.DynaVerb 12.Shimmer これらの12のアルゴリズムの中にはリバーブだけでなくパラメーターの一部にモジュレーション、ディレイ、コーラスなども含まれていました。このアルゴリズムのパラメータを変更して音を作り、最終的にその内容を100のプリセットまで保存することができます。購入した状態でもすでに厳選?した100個のプリセットが入っていました。これらのアルゴリズムは独立したものであり、同時に使うことはできません。 使用方法は簡単そうなので、早速アコギに使えそうな音をアルゴリズムから作ってプリセットに4つほど保存してみました。

プリセットを作ってみる まだ購入して1日目ですが、、操作性が簡単なのですぐにアルゴリズムからアコギで使えそうな音を作ることができました。いくつかサンプルと共に紹介しておきましょう。 接続順にMorris S-101>TSピックアップシステム3L>Eventide SPACE>ライン。今回はシリーズ接続です。使用マグネットはサンライズ、TSピックアップシステムのボリュームは3つとも100%です。 33%WETで、Decayを長めに取り効果を分かりやすくしてみました。 いずれもカポ2でAmで始まるフレーズを適当に弾きました。時間がないのでこけても一発録り。

Eventide SPACE

hall.mp3

Eventide SPACE

modecho.mp3

Eventide SPACE

 blackhole.mp3

Eventide SPACE

 shimmer.mp3

次にプリセットに予め入っていた面白いものを2つほど。最後のDarkmatterはギターを叩いて始まります。

Eventide SPACE

quasar.mp3

Eventide SPACE

 

 darkmatter.mp3

各パラメータは良く考えられており、直感的に操作できます。つまみを回せば即表示に数値的にどのパラメータのどの部分をどの程度変更しているか、大きな文字と数字で分かります。しかし、パラメータによっては非常にシビアに変化してしまうものがあり、プリセットは作り込んでおいたほうが良いです。。ライブでちょっと変更しようと思うとうまくいかないかもしれません。ライブ会場ではプリセットを呼び出し、ミックス量を変更するぐらいにしたほうが無難でしょう。

【6月4日追記】 非常にキメ細かい密度が高いリバーブでないと、事前に作った音とライブ会場では「何か違う」ということになりかねません。この傾向は会場が広くなると顕著に現れます。会場が大きくなると残響部分が希薄になり粗が出てしまうものがありますが、SPACEはそのようなこともありませんでした。自宅で作ったイメージどおりの音がライブ会場でも再現されました。 リバーブ質感はTCに近いものがありますが、Decayを長くしたときのうねりのような響きの部分はLexiconに近いものがあります。ことばでは表現するのが難しいですが「カ~~~」「ごぉーーー」という部分ですが、今まで試したリバーブの中では一番立体的に聴こえました。また高音部に分離された特徴的な広がりがあり、Eventide独特のもので好みが分かれるところかもしれません。

総評 今までTCやLexiconを使ってきましたが、一歩も引けを取らない空間表現力で質の高い音です。Lexiconは現実に存在する空間をシュミレーションしてさらに理想的な空間を作り出しますので、そのリアリティには素晴らしい!です。Eventide SPACEは現実には存在しないような空間を音で表現できるリバーブです。リバーブの質はもはやこの小ささでは考えられないくらい良くできています。サイズは 190(w) ×122(d)×x 54(h)mmで重さはたったの 1kg!手軽にしかも本格的使えるリバーブとしては今のところ敵なしかも。 プリセットは極端なものが多いのでそれぞれパラメーターを微妙に調整すると良いです。アルゴリズムから根気良く音を作ればかなり自在に空間を操作できます。

-アコギ用ピックアップ