TSピックアップ取付情報

2011年11月12日Martin D-18V(2005年製)埼玉県Kさん

埼玉県のKさんからTSピックアップ・システム3Lの取り付けに来てくださいました。

Martin D-18V(2005年製)Martin D-18V(2005年製)

 

Vシェイプのためか、生音はやや太い音が出ます。音量もあります。システム3Lは音質を損なわないように調整すると共に、ピックアップのレスポンスの早さとエア感を損なわないように取り付けます。

もはや「定番」の位置にメイン基板を貼り付けます。その反対側のバックブレーシングをはさんで反対側に電池が入っています。こうすることにより基板上に斜めに向いているコンデンサーマイクから共振が起こってハウリングしないようにします。

コンタクトピエゾは、いつものようにサドルの6弦より直下です。D-18Vはサドル幅があり、中のブレーシングの幅も広めなので、比較的取り付けやすいギターです。

それでは適当弾き&一発録りのサンプルです。マグネットなし、コンデンサー100%、コンタクトピエゾ80%、メインボリューム100%位です。コンタクトを絞るとエア感が増し、上げるとジャリジャリ感が増す感じです。

Martin D-18V+TSピックアップシステム3Lの音

(マグネット無ですから、システム2L同様の音になります。リバーブ等一切使用していません。)

今回は取り付けに来てくださりありがとうございました。

-TSピックアップ取付情報