備忘録 日記

iPad Pro10.5(2017年モデル)とApple Pencilのレビュー

2017/06/26

最近何をするにもPCに慣れてしまって、作業効率は上がったものの、クリエイティブな思考を刺激する点では物足りない感じがします。
キーボードやマウス、スマホからはフリック入力も良いですが、「ペンで書いて」考えるのは、記憶や創作においては良い選択ではないでしょうか。
それで今回はiPad Pro10.5を購入することにしました。

注問から受け取りまで

  • 6月8日(木)にApple StoreでiPad Pro 10.5インチ64GB スペースグレー、Apple Pencil、Pro用Smart Keyboard - 日本語(JIS)を注文。
  • 6月10日(士)にApple PencilとSmart Keyboardが到着。
  • 6月20日(火)にiPad Proが到着。

使用感

4日ほど使ってみましたが、スピード、Pencilの書き心地等かなり良いです。特にペンの描画の追従性は素晴らしい!mazecで手書き文字はスラスラ書けるし、Photoshop系のアプリも使いやすくなります。

今まで指先で行なっていた事が、ペン先になるだけでiPadの魅カは倍増です。偶然発見したのですがApple PencilはマグネットでSmart Keyboardにくっつくんですね。吸着力は弱いですがペンホルダーがわりになりそうです。

▼iPad ProとApple Pencilがあればフォトレタッチが簡単にできる

Surfaceとの比較

ペンの性能的にはiPad ProもSurfaceも好みの問題と言えるくらい完成度は高くなっています。しかしSurfaceはクオリティーの高いストアアプリが少ないので、必然的にデスクトップアプリを使うことになります。結果としてマウスによるオペレーティングが中心になり、ペンを効果的に使うことが難しくなります。
一方iPad Proはマウスが使えないことを前提につくられているのでペンは使いやすくなります。閃きやアイデアや創作等はiPad Proで、腰を据えてじっくりと作業する場合はPCで行なうのが良いかも知れません。

-備忘録, 日記