備忘録 日記

オーディオインターフェースSteinberg(スタインバーグ ) UR22mkIIを買ってみました。

今回購入したのはSteinberg(スタインバーグ ) UR22mkIIです。型番に付いている「22」は2in、2outの意味です。UR22の後継機種でiPadで使用できるように、外部電源から電源が取れるようになっています。またストリーミング配信に便利なループバック機能があり、PCで再生した音をUR22mkIIに送り、それをまたPCに送り返すことができます。

IMG_1631

Steinberg UR22mkIIの特徴

24-bit/192 kHz 対応 クラス最高レベルのコンバーターが実現する高音質設計。原音を忠実に録音し、音の奥行きをも再現します。
Class A マイクプリアンプ D-PRE 2基 Yamaha の誇るマイクプリアンプ D-PRE を2基搭載。演奏者の表現力や個々の楽器がもつ本来のエッセンスをありのままに捕えます。
レイテンシーフリーのモニタリング ハードウェアモニタリングを搭載。録音中もレイテンシーを気にせず演奏に集中できます。入力音と DAW のバランスも MIX ノブで簡単。
主要 DAW ソフトウェアに対応 ASIO、Core Audio、WDM に対応した多くの音楽制作、編集、マスタリングソフトウェアで使用可能です。
iPad 接続に対応 Cubasis など iOS 対応音楽制作アプリケーションと組み合わせて、高音質なレコーディングをいつでもどこでも実現できます。
* Apple 製の対応接続キット/アダプタが必要
MIDI 入出力 MIDI インターフェース機能を搭載。お気に入りのキーボードや音源、コントローラーを接続し、システムを簡単に拡張できます。
ループバック機能 UR22mkII に入力しているオーディオ信号と DAW からの再生音をミックスしてコンピューターにループバック。インターネット配信などに便利な機能です。
選べる電源 USB バスパワーに加えて、汎用 USB 電源アダプターやモバイルバッテリーを接続できる 5V DC 端子を搭載。iPad と使用する際にも安定した電力を供給できます。
Cubase AI ダウンロードバンドル Cubase をベースに、作曲 / 録音 / 編集 / ミックス機能を凝縮した Cubase AI のダウンロード版ライセンスを付属。すぐに音楽制作をはじめられます。
Cubasis LE ダウンロードバンドル iPad 用のマルチタッチ DAW、Cubasis のライト版 Cubasis LE を付属。iPad での音楽制作もすぐスタートできます。
* App Store より無償提供。UR22mkII を iPad と接続することで Cubasis LE の機能制限が解除されます。

開封及び付属品

ずっしりと重く堅牢です。

IMG_1629

 USB DriverとCubase AIのインストール

SteinbergのサイトからUR22mkII - Yamaha Steinberg USB Driverをダウンロード、インストールします。

http://japan.steinberg.net/jp/

サポート>ダウンロード>UR22mkII

無事インストールできたらUSBケーブルでPCとUR22mkIIを接続します。本体の正面パネルのUSBと記された白色LEDが点灯すれば正常にドライバーがインストールされ、接続されたことを確認できます。

次にSteinbergのサイトからCubase AIをダウンロードします。以下にアクセスし、アカウントを作成しアクセスコードを入力を選びます。

japan.steinberg.net/getcubaseai

必要なのは添付されていた「Download access code」と本体底に貼ってあるシリアルナンバー「SER No.」です。

ダウンロードしたCubase_AI_8_Installer_win.zipを展開してインストールします。

初回起動時に発行された「アクティベーションコード」を使って起動します。アクティベーションコードは登録時にメールで送られてきます。またMySteinberg にログインすれば確認することができます。

少し音を出してみましたが、ヘッドフォンからの音は癖がなく、際立って良いという印象はありませんでした。逆に色付けが全く無く自然な音なのかも知れません。

Cubase AIの使い方に慣れたら比較サンプルを録りたいと思います。

-備忘録, 日記