備忘録 日記

3Dプリンターは面白い:小型3Dプリンター「M3D The Micro」購入してみました。

2016/06/23

値段も大きさも手頃な3Dプリンターを買ってみました。M3Dの「The Micro」です。

IMG_0980

付属品はDCアダプターとUSBケーブルのみというシンプルさ。ソフトウエアはM3Dから開発中のものダウンロードします。

IMG_0981

それでは早速プリントしてみましょう。

IMG_0985 IMG_0994

3D CADソフトは「DesignSpark Mechanical」使いました。 フィラメントは汎用のものをAmazonで購入3Dプリンター用PLAフィラメント 【1.75mm】【1kg】)。今回は白を購入しましたが、M3D の設定は純正フィラメントの型番しかなく、細かな設定ができない以上、試行錯誤をするしかありません。今後のソフトウエアのバージョンアップに期待しましょう。

(追記:温度だけは設定できます。PLAだとヘッドのファンが回り、ABSだと回らないようです。今のところこの白のPLAの設定温度は230℃でやっています。後ほど温度設定について詰めてゆきたいと思います。) (9/14 追記:M3Dの設定をYAWにするとABSでは低めの235℃に下げることができるようです。ABSも購入し試してみましたが、どうしても収縮による剥がれが上します。ヒートベッドや周囲を囲って温める必要がありそうです。)

フィラメントのついでに台座を傷つけないようにマスキングテープも購入しました。

IMG_0995

ちょっとしたパーツや小さな筐体を作るには最適ですね。 今回使用した汎用フィラメント。

マスキングテープを使えば、剥がすときに傷を防ぐことができます。

下記の汎用ABSフェラメントを試しましたが、今のところ失敗続きです。ヒートベットや周囲の保温が必要のようです。

(9/14日の現時点でM3D The Microの使用できるフィラメントの型番は下記のとおりです。汎用フィラメントは「ABS」「PLA」と入力し、色を指定します。) キャプチャ キャプチャ2 キャプチャ.3GIF  

技術仕様

  • プリンタのサイズ:高さ185 mmの立方体
  • 重さ約1キロ
  • 任意のWindows, Mac, Linuxベースのシステムで使用することができる
  • USB対応接続
  • 異なる材料をサポート:ABS、PLA、ナイロンなどなど
  • フィラメント:標準1.75mm。約225グラムのロール
  • 標準フィラメントロールもサポート
  • 取り外し可能なプリントベッド
  • 50?350ミクロンのレイヤ解像度
  • 15ミクロンのXとYの位置決め精度
  • サイズ:印刷の高さ:116mm ベースプリントエリア: 109mm x 113mm 74mm以上のプリントエリア:91mm x 84mm
    名称未設定 1
  • 楽な、プラグアンドプレイの3D印刷を体験できるM3Dソフトウェア
  • オープンソース・ソフトウェアをサポート(上級者向け)

15つのイノベーション

M3DはMicroの導入でフィラメントベースの3D印刷の分野で多くの技術革新を導入しています:

  1. いままでで最もスペース効率の高い3Dプリンタ
  2. 机の上にきれいにフィットする軽量で、ポータブルなデザイン
  3. マイクロモーションチップは完全に自動レベリングと自動校正を提供
  4. いままでで最も静かな3Dプリンタ
  5. いままで最も低消費電力の3Dプリンタ
  6. 炭素繊維ロッド:ライト、頑丈、自己潤滑性があり長持ち
  7. 急速昇温、電力効率、信頼性と安全性のためのセラミックヒーター
  8. 大胆な色使い。シルバー、ブラック、ブルー、 レッドオレンジ、グリーンから選べる
  9. カメレオンPLAのような新しいフィラメント材料
  10. インスピレーションマイクロ・フィラメントスプール
  11. タッチ対応のソフトウェア
  12. 代替材料のための交換可能なプリントベッド
  13. 実験者のための交換可能なノズル
  14. 品質管理のため、米国の高速組立用に設計
  15. ABS系プリントのベッドを使用すると、より大きなABSパーツを印刷することが可能

-備忘録, 日記