日記

Windows 10にアップグレード(Surface Pro 3)

2015/08/04

Surface Pro 3をWindows 10にアップグレードしてみました。

image_20114868972_o

アップデートの所要時間は30分位です。

スタートボタンにほとんどの機能が集約され、操作しやすくなりました。チャームバーは廃止され右上にマウスポインターをポイントしても現れません。右縁からタッチパネルをスワイプすると「アクション セター」が表示され指で各種設定できるようになっています。

タッチ操作と、マウス操作の使い分けが格段に良くなっています。不具合も今のところほとんど見られませんでした。

新プラウザ「Edge」は「お気に入り」が引き継がれませんので、設定からインポートする必要があります。使いづらいので私は引き続きGoogle Chromeを使うつもりです。

Surfaceペンをボタンをおした時のアプリがストアアプリのOneNoteに戻ってしまうので、ディスクトップ版に戻す必要がありそうです。

「タスクビュー」というボタンが新たに加わり、タスクビューの画面から「新しいディスクトップ」で仮想ディスクトップを加えられるようになっています。

Windowsの整列の仕方が良くなっています。

全体的に白黒によるボタンやアイコンに変更され、可視性が重視されたデザインになっています。

Surfaceユーザーであるなら早めに移行して問題なさそうです。

【8/2追記】

数日使ってみてほぼ問題なしですが、1つだけ自分にとって不具合があります。サーフェスペンをボタンを押した時に起動するアプリを8.1の時はデスクトップ版OneNoteにしていたのですが、強制的にスタア版OneNoteになってしまいます。Surfaceアプリや、規定のアプリを変更しても変わりませんでした。今のところペンからOneNote2013を起動することができないようです。

-日記